ブログ

みずほ銀行カードローンの審査に通るために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mizuho114

みずほ銀行カードローンは利息が低くて最高利用限度額1000万円と借入条件がよく、利便性が高いので人気があります。

基本的な利用条件は契約時の年齢が満20歳以上66歳未満で、継続的に安定した収入が見込める人で、保障会社の保障が受けられることが必要です。

 

一般的に銀行は審査が厳しいイメージがありますが、みずほ銀行カードローンでは正社員以外にアルバイトやパートの人でも申込みが可能です。

但し勤続年数が最低1年以上で年収も一定水準以上が必要になります。同じ勤務先で5年以上の勤務実績があれば審査での評価はかなり高くなります。
勤務先や年収以外の項目でも様々な属性について審査が行われます。例えば居住区分では、賃貸や社宅よりも持家の方が評価が高くなります。同じ場所に長年住み続けている人も評価が高いです。電話は固定電話と携帯電話の両方あった方が連絡がとり易いので有利になります。家族状況については、独身者より既婚者のほうが基本的に信用度が高いですが、子供のいる家庭では生活費がかかるので審査での評価は下がります。逆に独身でも実家で親と同居している人は評価が高くなります。
保険の評価については、高い方から公務員の共済保険、大企業の組合保険、中小企業の社会保険、国民保険の順となります。カードローン審査では申込者の信用情報調査もきちんとチェックされます。他社借入の件数が3社以上あったり、多額の借金がある場合には審査通過できません。
カードローンに申し込んで審査落ちしたときは、短期間に続けて申込まないことも大事です。

 

6ヶ月以内で3社以上申込んだ場合は申込ブラックと見なされて審査通過が難しくなります。

仮に最近他のカードローンの審査に落ちた人が、次にみずほ銀行カードローンに申込みたいと思う場合には、少なくとも6ヶ月以上は期間を置いてから申込む必要があります。
みずほ銀行カードローンでは審査項目が多くて申込者の属性や信用度や返済能力などについて厳密に総合的に審査を行います。審査に通るためのノウハウや知恵はなどは特にありません。

 

日頃から社会人として健全な経済生活を送るように心掛けることが審査通過の近道といえるでしょう。

関連記事