ブログ

みずほ銀行カードローンの審査が早い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mizuho4

みずほ銀行カードローンは、最高限度額が1000万円という個人向けカードローンの中では、かなり大型の商品です。このような内容の場合は、十分に時間をかけて調査を行うのが一般的です。返済能力が十分でない場合は、貸し倒れのリスクが生じてしまうからです。しかし、みずほ銀行カードローンは、非常に短時間で結果が判明する仕組みで、窓口から申し込んだ場合は原則当日、電話及びインターネットの場合は原則当日もしくは翌営業日、郵送の場合は申し込み書が銀行に到着した当日もしくは翌営業日としています。

つまり、窓口、電話、インターネットから審査に申込んだ場合は、即日融資が期待できるという事になります。このように、短時間で結果が判明する理由は、実際の審査は保証会社が請け負っているからです。みずほ銀行カードローンの場合は、オリエントコーポレーションという大手信販会社が保証会社となっています。この保証会社が、加盟している信用情報機関への照会を行い、申し込み者のクレジットヒストリーを調査して合否を決定するという流れとなります。

信販会社は、このような審査を長年にわたって行ってきた事によるノウハウを保有しているので、安全な商品の提供が可能となります。ただし、最初から大きな金額の借入を行えるわけではありません。信用を徐々に積み重ねる事により、限度額を増額させるという仕組みであり、その限界が1000万円という事です。信用を積み重ねるためには、約定返済日までに指定された以上の金額を遅れることなく返済するという事を継続しなくてはなりません。つまり、ルールを守っての利用を続ける事によって、大きな金額の借入が出来る用になるという事です。

みずほ銀行カードローンは、限度額が大きくなるほど金利は低くなるシステムを採用しています。つまり、ルールを守る事により、返済の負担も軽くなるという事です。逆に、返済に何度も遅れた場合は、信用情報機関に遅延が記録されてしまいます。これは、ブラックリストに載るという事です。

関連記事